スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年度も減農薬にチャレンジ!

今日も雨の一日となりました。
今、外は激しい雨音が響いています。

今夜、園主は今年度のまるちゃん農園のリンゴ栽培で使用する農薬の種類や散布回数などを他の農家さんと話し合う防除会議に行っています。

この会議は、この産地の先進果樹農家さんのグループで毎年この時期に行っているものです。
減農薬栽培に取り組む農家が環境や人体にとって安全な農薬散布を目指して話し合っていて、農薬会社の方も参加してくれて色々と相談や専門的なアドバイスをしてくれます。
農薬会社の方は、農薬を販売するのが仕事なのに農薬を減らす方法を話し合う農家の会議に力を貸していただけるのは、本当にありがたいことだと思います。
うちもお世話になっている農家さんのはからいで3年前の就農初年度から参加させてもらっています。

農薬の使用基準や関係する法律は、近年ますます厳しくなってきました。それも環境に配慮すれば当然の流れであろうと理解しています。
よく農園のお客様から『無農薬での果樹栽培は難しいのですか?』とご質問をいただくことがあります。

理想を言えば、消費者も農家自身も無農薬を求めるでしょう・・・しかし、ここは産地であり私たちは果樹生産農家。
農業(特に産地)では、ごく一部の作物以外は無農薬で野菜や果樹を育てることは出来ません。

無農薬にしても少しは収穫は出来るかもしれませんが、消費者に手にとってもらえる品質のものを安定して生産することが出来ないのです。
農家は、収穫した農作物を販売して生計を成り立たせなければなりません。

自己満足だけで無農薬を選択すれば、自分だけでなく隣接する畑に病害虫が発生して迷惑がかかる可能性もある。それでは産地の中での農園経営は持続できなくなるでしょう。

無農薬は難しいですが、天候や木をよく観察して、害虫の天敵、病害虫の発生状況を確認、予想して必要な時期に必要最小限の農薬散布を行う減農薬栽培をすることは十分に可能だと思っています。

ちなみに・・・園主は、学生時代に化学を専門にしていたので、就農した今も農業の現場でその知識は役に立ってます。農薬の成分や危険性などは、ある程度は化学式で解るので、減農薬栽培に取り込むにはプラスになっていると思います。
その知識を生かして、親身になって励まし教えてくれる先輩農家さん達の経験と力を借りて、まるちゃん農園は出来る限り安全で信頼度の高い農薬を選択し、今年度も減農薬栽培にチャレンジします!

(防除についての詳しくは、またボチボチと書いていきたいと思います。)


写真は、梓川です。
この上流の山の向こうには上高地や乗鞍があります。

060409-023.jpg



コメントの投稿

Secret

カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
LINE@
まるちゃん農園の畑の様子や旬のりんご情報をLINE@でお届けします!

ぜひお友達登録してくださいね♪

友だち追加
りんごジュース販売中!
旬に収穫したサンフジを搾りました。
ぜひご賞味ください♪

1本1リットル瓶 600円
2、3、6、12本セットがあります。

送料別
北海道・九州 720円
本州・四国  620円

ご注文は、まるちゃん農園
ホームページ
ショッピングカート
Instagram
Facebook
Twitter
プロフィール

まるちゃん農園@みえ♪

Author:まるちゃん農園@みえ♪

安曇野市三郷小倉でりんご農家をしています。

農園HP→まるちゃん農園
(まるちゃん農園のHPとブログはリンクフリーです)

■北アルプスの麓・信州・安曇野でリンゴを作りながら暮らしています。

2002年・安曇野へ移住
2004年・まるちゃん農園開園

■お出かけ・お散歩・温泉めぐり・山歩き・美味しい食べ物が大好きで信州・安曇野の暮らしを楽しんでいます♪

■私たちのリンゴ園まるちゃん農園にはリンクからどうぞ♪

まるちゃん農園ホームページ


まるちゃん農園ネットショップ

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ランキングサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。