ヒ…ヒペ…ヒペリカム?

先日、ちょっと実家に行って来ました。
ちょうど父の日でのんびりも出来たし良かったです。

その時に実家の花壇に咲いてた花の名前を何回聞いても、いつも忘れてしまうので忘れないようにブログに書いておこうと思います^^
その花の名前は『ヒペリカム』です。

この『ヒペリカム』っていうのが、どうしても覚えられないんです^^;
この花の後には可愛い実が付きます。



ヒペリカム、ヒペリカム、ヒペリカム・・・いつもヒポカリスって言っちゃうんだよな~^^;

フルーツ好きです

何日か前の新聞にブドウ(デラウエア)の出荷が始まったと記事になっていたので松本市内にリンゴジュースの配達に行ったついでに直売所まで足を伸ばして、買って来ました。
今年初のブドウです。
とっても甘くて美味しかったです^^



うちでは、リンゴのシーズンには、やっぱりリンゴをよく食べますが、最近は、柑橘類、特にグレープフルーツが大好きで食べることが多いです。
グレープフルーツだったら夫と二人で一日に3個くらいは食べちゃいます。食べすぎですかね~^^;
でも最近、アメリカ産のオレンジやグレープフルーツがじわじわと値上がりしてきました~><

アメリカで環境に良いというバイオ燃料を作る為にオレンジやグレープフルーツの栽培をやめて、バイオ燃料用のトウモロコシ畑にしているのが値上がりの理由らしいです。
農家は『トウモロコシの値段が倍になった!今がビジネスチャンスだ!』と熱くなってるそうです。

だけど、本当にそれでいいのかな?って思っています。
先日、食糧問題関係の講演会に一人で行った時の講師の先生のお話です。
話題のバイオ燃料。
環境に優しいというイメージの良さも手伝って、アメリカでは原料を生産するための農地が確保されています。
だけどアメリカ国内の全ての農地で原料を作ってバイオ燃料を作ってもアメリカ国内の車のうち、たった16%分の燃料にしかならない・・・というデーターもあるそうです。

家に帰ってから講演会で聴いた話を夫にして、二人で色々と話しましたが、とにかく車の台数を減らさなければ意味の無いことなんじゃないかな~と思いました。
バイオ燃料を作る為、それを運ぶ為に石油を使っている現実もあります。
世界規模では増え続ける人口、飽食の国もあれば飢餓に苦しむ国もある。
私には世界規模の問題に完璧な答えも良いアイデアも出せないんだけど、でもいつも頭の隅にあるような生活をしたいな~と思っています。
グレープフルーツの値段がきっかけで考えるエネルギー問題や環境問題もあるんですね。

キジの親子

うちのリンゴ畑の隣の草むらにはキジの親子が住んでいます。
こちらが、派手なお顔のお父さんキジ。


こちらが地味な色のお母さんキジです。
先日、リンゴ畑の中で夫と至近距離でバッタリ遭遇してしまったお母さんキジは、ヒナを守る為にすごい勢いで夫を威嚇してました。
その距離なんと2メートル。
まさかリンゴの樹の根元にいるなんて・・・。

夫もまさかリンゴ畑にキジが来てるとは思わずにビックリして、私に向かって『雷鳥が~!!』って叫んでました^^;
『雷鳥って、標高の高い山にしかいないから・・・それはキジだよ』って教えてあげました。
もちろん夫も雷鳥じゃないことは頭では分かってたんでしょうが、人間って、驚くと面白いこと言っちゃったりしますよね^^
20070625205025.jpg

そして、この写真の真ん中にキジのヒナが隠れてます。
ヒナも突然のことで驚いたんでしょうね。
一瞬で草の中に隠れました。
20070625205008.jpg

ヘビやトンビや野良猫に襲われないか心配です。
全部で10羽のヒナたちが無事に大きくなってくれると嬉しいです。

桑の実酒を飲みました♪

昨年、2006年7月5日に漬けた桑の実酒を飲んでみました。
ブログの記事はこちら→『桑の実酒を漬けました♪』



色は濃い紫色。
ブドウのジュースみたいです。
DSCN21241965.jpg

今日は、雨で畑の仕事はお休みにしました。
昼間は、隣町の図書館に行ったり、お昼寝したりして、の~んびり♪

そして、夜は自分で漬けた桑の実酒で夫と乾杯。
梅雨空は、あんまり好きじゃないけど、農家にとっては雨の日は良い息抜きになります。
恵みの雨にきっと植物も喜んでいることでしょう。

晴耕雨読とちょっぴりお酒の日曜日でした♪
DSCN21231964.jpg

寝姿・・・zzzz

我が家の愛犬マメさんです。
前足にヒモを引っ掛けて、すっごい寝相で熟睡してます。

我が家は、玄関を開けてすぐのところに犬小屋が置いてあって、ドアを開くとすぐにマメさんの姿が目に飛び込んできます。

最近は、ドアを開けるたびに爆笑です!!
毎回、こんな寝姿にお腹が痛くなるくらい笑わせてもらってます。
寝言も言うし、イビキもかくし・・・かわいいマメさんです^^


日の出から日の入りまで

摘果の時期の仕事は、早朝から日暮れまで行われます。
うちは、だいたい朝5時30分から畑に出て、終わるのは日が暮れる夜7時頃です。
(ほんとはもっと朝早くから行きたいけど、ちょこちょこと家事をしてからだと、どうしても5時半くらいになっちゃう。)

天気が良い日の昼間は、暑くてバテちゃうこともあるので一日のうちで一番効率よく仕事が進むのは、早朝と夕方だったりします。
周りの畑の農家さんも朝早くから働いてます。
(その分、夏場はお昼休みをゆっくりとって、暑さでバテるのを防いでいます)

たまに朝4時だいに目が覚めて、今日こそは一番乗りだ~!と畑に繰り出すと・・・・明らかに『今、ひと仕事終わりました』・・・ってな感じで一服している農家さんに会ったりします。
まだ・・・4時45分ですけど・・・f^^;・・・みたいな。

そして、『今朝は早いね~』なんて笑顔で声をかけてくれますが・・・『いえいえ、まだまだ一番になれません・・・--。そちらの方が、よっぽど早いです』・・・って、ちょっとがっかりしちゃいます。

私は、長野に来る前の3年半、千葉県で酪農ヘルパーという仕事をしてました。毎朝、毎夕に依頼のあった酪農家さんへ派遣されて仕事をしていました。
その話をすると必ず『牧場勤めは朝が早くて大変だね~』なんて言われますが、いやいや、この辺りのりんご農家の方が確実に朝早いですから。びっくりです^^;

夕方(夜かな?)の仕事終わりの時も『今日こそは、隣の畑のおばあちゃんが帰るまでがんばって仕事するぞ~!負けないぞ~^^!』なんて、ちょっぴり対抗意識を燃やしてみたりします。

でも、なかなかお隣さんは帰らない・・・時刻は7時20分、もう手元は真っ暗で摘果するはずの手元のリンゴも見えません~><
こんな暗い中でどうして摘果できるのか?!と不思議に思い隣の畑を覗いて見ると農道の街灯の明かりをたよりに摘果してました~!@@!
もうビックリです。
みなさん働き者過ぎます。

きっと、この先も一番にはなれない若輩者の私は、自分のペースでがんばります。
仕事は、順調に進んでるので良いんです。
人と比べちゃ、体が壊れますからね。
だけど、いつか一番になってみたい気もするんですよね~。



写真は、リンゴ畑の隣の牧草地です。
牛の餌になる牧草をロール状にしてラップで包んで保存性をよくしてます。近くで見るとすごく大きいんですよ。

受験しちゃった♪

久しぶりの更新です。
一ヶ月もブログを放置してしまいました><。
申し訳ないです。

ブログを書かなかった間は、毎日ずーっとリンゴの摘果作業でした。
今も農園の仕事の中心は、摘果なんですが、ボチボチと順調にやってます。

だけど、ブログを書けなかった最大の理由は、摘果作業ではなくて・・・実は、受験生だったので勉強(?)してました^^;
先週末にその検定試験もなんとか終わり、やっとネットに復活できました。

私が、受けたのは今や法律も制定され、国民運動として推進されている『食育』の検定試験です。
今年から始まったばかりの検定で第一回目の試験でした。
3級から受けられるんですが、その受験資格が『すべての生活者』となっていて、この『すべての生活者』ってところが、妙に気に入ってしまい受験することにしました^^

ちゃんと公式のテキストがあって、しっかり取り組むつもりだったんですが・・・・。
現実は、やっぱり摘果作業が超ハードで・・・テキストを枕に熟睡する日々でした。
ある時は、テキストを開いた形跡すら無く熟睡する私を見て、夫が一言『きっと落ちるね』と不吉につぶやいた夜もありました><
バタバタして、なかなか一人で集中する時間が無かったし~って言い訳っぽいなーー;

まあ、そんな訳で東京まで試験を受けに行って来ました。
今回は、全国で2700人以上の人が受験したそうです。
100問中80点以上で合格です。けっこうドキドキしてます。
合格発表は、7月終わりごろということで・・・きっと忘れてるか、開き直ってる頃だと思われます・・^^;
合格してたら、来年は2級にチャレンジ!
落ちてたら浪人して、来年また3級にチャレンジです!
(合格してたらブログで発表するかも)



今年の秋ごろには、開催地を広げて第二回の試験があるそうです。
私は、秋はりんごの収穫でそれどころじゃないと思ったので、わざわざ東京まで行きましたが、近くで開催される方は、ぜひ受験してみたらいかがでしょうか。

詳しくは、こちら→食の検定

つがるの摘果

6月初めにつがるの一輪摘果をしました。

りんごは、一つの花芽に4~6個くらいの花が咲き、受粉すると実になります。
そのままだと実が大きくならないし、形が変形してしまったり、重さで枝が折れたり、樹が弱ってしまったり・・・と良いことがないので、この時期はせっせと摘果作業をします。
DSCN20711914.jpg

なるべく真ん中の実を残すようにします。
真ん中の実が、大きくて形が良いものが多いからです。
DSCN20731916.jpg

一輪摘果後のつがる。
順調に日々、成長中です。
つがるの実は、赤色っぽいのですが、フジの実は緑色なんですよ。
DSCN20761919.jpg

つがるは、8月下旬から9月上旬ころに収穫予定です。
カレンダー
05 ≪│2007/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
LINE@
まるちゃん農園の畑の様子や旬のりんご情報をLINE@でお届けします!

ぜひお友達登録してくださいね♪

友だち追加
りんごジュース販売中!
旬に収穫したサンフジを搾りました。
ぜひご賞味ください♪

1本1リットル瓶 600円
2、3、6、12本セットがあります。

送料別
北海道  1120円
東北   1000円
関東~関西 780円
中国・四国 850円
九州   1120円

ご注文は、まるちゃん農園
ホームページ
ショッピングカート
Instagram
Facebook
Twitter
プロフィール

まるちゃん農園@みえ♪

Author:まるちゃん農園@みえ♪

安曇野市三郷小倉でりんご農家をしています。

農園HP→まるちゃん農園
(まるちゃん農園のHPとブログはリンクフリーです)

■北アルプスの麓・信州・安曇野でリンゴを作りながら暮らしています。

2002年・安曇野へ移住
2004年・まるちゃん農園開園

■お出かけ・お散歩・温泉めぐり・山歩き・美味しい食べ物が大好きで信州・安曇野の暮らしを楽しんでいます♪

■私たちのリンゴ園まるちゃん農園にはリンクからどうぞ♪

まるちゃん農園ホームページ


まるちゃん農園ネットショップ

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ランキングサイト